スペーシア21

スペーシア21は、非常に高い断熱性能を持つ真空ガラス「スペーシア」とLow-Eガラスで構成したハイブリッドな複層ガラスです。
さらに中空層には、空気に比べて約30%も熱伝導率が低いアルゴンガスを封入。50ミリ厚のグラスウールにも匹敵する国内最高水準の超高断熱性能を実現しました。

品揃えは<断熱クリア><遮熱クリア><遮熱グリーン>の3タイプ。寒冷地でも北面でも明るく大きな開口部が設計でき、夏期の通気性、冬期の断熱性をともに満足できる居住空間が実現できます。

特徴

防露性能

結露のびしょびしょを改善します。

寒い冬や梅雨時に窓に発生する結露は、カーテンや窓枠を汚すだけでなく、シックハウスの原因のひとつとなっているカビの発生を助長します。冷たい外気の影響を受けにくいスペーシア21なら、不快な結露を防ぐことができます。

高断熱性能

暖房を逃さず、冬あたたか。

冬、暖房をしていてもお部屋が暖まりにくい。窓際や足元がひんやりする。それは、窓ガラスの断熱性能の低さが引き起こす現象です。スペーシア21の断熱性能は、一枚ガラスの約8倍、高断熱複層ガラスの約2倍だから、室内がすばやく暖房でき、暖かさを逃しません。また天井から床まで上下の温度差が少ないので足元までぽかぽかです。

  • 数値は熱貫流率(W/m2K)で、この数値が小さいほど「熱を逃しにくく、暖房の効きやすい、冬暖かい室内環境をつくるガラス」といえます。
  • 高断熱複層ガラス:ペアマルチスーパー(クリアS)/フロート板ガラス3ミリ+中空層12ミリ+Low-Eガラス3ミリ
  • 一枚ガラス:フロート板ガラス

日射取得性能

冬の陽だまりもポカポカ。

断熱クリアタイプは昼間の太陽の暖かさを半分以上も取り込み、また室内の暖房熱を逃がさないので、冬の陽だまりも快適に過ごせます。

  • 数値は窓ガラスに当たる太陽エネルギーの量を100%とした場合、室内に取り込むエネルギーをあらわす日射熱取得率(%)です。
    この数値が大きいほど「日射熱を取り入れて、暖房効果を高める冬暖かく過ごせるガラス」ということです。
  • 高断熱複層ガラス:ペアマルチスーパー(クリアS)/フロート板ガラス3ミリ+中空層12ミリ+Low-Eガラス3ミリ
  • 一枚ガラス:フロート板ガラス

日射カット性能

室内に侵入する日射熱をカット。

住まいの冷房効果を低下させる夏の強い日差しは、窓を通って侵入してきます。外部からの日射熱を室内に入れにくい遮熱クリアタイプなら日射熱を54%カット。大きな窓のある部屋でも冷房効果を高め、涼しく快適な環境をつくります。

  • 数値は窓ガラスに当たる太陽エネルギーの量を100%とした場合、室内に流入しない(室外にはね返す)エネルギーをあらわす日射熱カット率(%)です。
    この数値が大きいほど「太陽熱をカットして、冷房効果を高める夏涼しく過ごせるガラス」ということです。
  • 高断熱複層ガラス:ペアマルチスーパー(クリアS)/フロート板ガラス3ミリ+中空層12ミリ+Low-Eガラス3ミリ
  • 一枚ガラス:フロート板ガラス

UVカット性能

紫外線の侵入を防ぎます。

スペーシア21遮熱クリアタイプなら、人体に有害といわれる紫外線を約74%カット。 家具やカーテンの変色、褪色も防ぎます。

  • 数値は紫外線カット率(%)で、数値が大きいほどUVカット効果に優れていることを示します。
  • 高断熱複層ガラス:ペアマルチスーパー(クリアS)/フロート板ガラス3ミリ+中空層12ミリ+Low-Eガラス3ミリ
  • 一枚ガラス:フロート板ガラス

省エネ性能

家計を節約します。

スペーシア21遮熱クリアタイプなら、高断熱複層ガラスに比べ、年間約8,000円もお得です。(札幌の場合)また、省エネルギーはCO2の削減による地球温暖化の防止に貢献します。

  • 算出条件は、暖冷房負荷算出条件をご覧ください。
  • 高断熱複層ガラス:ペアマルチスーパー(クリアS)/フロート板ガラス3ミリ+中空層12ミリ+Low-Eガラス3ミリ
  • 一枚ガラス:フロート板ガラス

プライバシー性能

気になる視線を遮ります。

道路に面した部屋、寝室、玄関など、外からの視線を遮りたい場所の窓ガラスには、不透視性のすり板ガラスを使用したスペーシア21をおすすめします。優れた性能はそのままに、プライバシー保護効果を持たせることができます。

真空ガラスとは

世界で初めての真空ガラス「スペーシア®」

厚さは1枚ガラスとほぼ同じで断熱効果は約4倍

「スペーシア® 」は日本板硝子が世界で初めて実用化した高断熱真空ガラスで、1997年10月に発売されました。2枚のガラスの間に0.2mmの真空層を閉じ込める真空技術と特殊金属膜コーティング技術により、従来の複層ガラスの常識を覆し、厚さの薄い高断熱の真空ガラスを実現。厚さ約6.2ミリでありながら厚さ12ミリの一般複層ガラスの約2倍、また一枚ガラスの約4倍の断熱性能を発揮します。室内温度を快適な環境にコントロールし、省エネルギー、結露対策にも効果を発揮します。戸建住宅からマンションまで、そして新築から既存住宅のリフォーム分野まで活躍するシーンが広がっています。

スペーシア® は、真空層の働きとLow-E膜の効果により、熱貫流率が飛躍的に向上、フロート板ガラスの約4倍、一般複層ガラスペアマルチの約2倍の断熱性能を発揮。これにより暖房時、室内の暖まりが早く、またその暖かさも逃さない快適な室内環境づくりを実現します。

PAGETOP